忍者ブログ
2008年11月22日~発生~  なんやかんやでやっとります。   どうぞよろしく(^▽^)/                        サイドになんやらで色々重いですが・・・我慢してっ! 増えたり、減ったり、ちょくちょくと。いろいろあるんで見てやってください。  10月6日 ・サイド(アニメ)更新 ・サイド(色)追加
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか、微妙に違いましたw

タイトル、THEがいりましたw

あとは、あってますかね

てな訳で、一応カテゴリーを増やしておきましょうw

英雄伝説Ⅵ 空の軌跡(FC・SC・The 3rd)

の、カテゴリーになりますかね。

さて、どのくらい書くんでしょうかねw

進行状況などこと細かく書いてたら結構な量あると思うんですが

どうなんでしょうね

てな訳で、このゲームのシステムで少し困ることを書いて終わりましょうかw

このゲームはRPGですね

PTはたぶん4人

キャラはもっといるでしょうが

主人公的な扱いは2人です

で、フィールドを歩いているときですよ

移動は、ドラクエみたいに後ろについてくるパターンw

4人なら、ゾロゾロとw

そして、バトルなんですが

敵シンボルと触れることによりバトルスタートです

つまり、うまくかわせばバトルは少ないとw

その分、レベルは上がりませんがね~

で、シンボルに触れる判定

先頭だけじゃないんですよね~

4人全員ですw

後ろの3人は先頭の後を忠実についてきますw

折り返したら、ちゃんとその場所まで行ってから折り返す

ま、それはあたりまえなんですがw

しかし、目の前に敵が現れて逃げようと折り返すと

後ろのやつが、迫ってきた敵にあたるんですね~w

しかも、背後から触れられると

戦闘開始が不利になりますw

先制攻撃されますw

ま、逆のパターンもあるんでそのシステムはいいですがw

如何せん、いきなり敵に突撃されると逃げてしまうw

そして、後ろのやつがあたる

で、当たった時は先頭は後ろ向いてるわけですから

先制攻撃される

といったことがよくあるんですね~w

幸い?w

逃げるが100%成功するような気がしますw

いまんとこ100%のはずw

先制されて、自分たちに回ってきたら逃げる

ということがしばしばw

てか、戦うのメンドイ時もしばしばw

とまぁ、いろいろあるんですね

それが楽しいってのもありますがw

戦闘方法も普通のRPGとも違いますし

少し、特殊ですね

というか、そんな説明で通じるか不明ですが(知ってないと無理かもw)

それを含め他の事は、おいおい書きますかね


では最後に、子安さんのキャラ

いいキャラしてますw

さんというか、ぴったりというかw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


情報系



遊んじゃえ

ゲーム


アニメ


出て来い「色」!!
原色   140色              ・ブラウザ名前定義
和色   465色              ・日本伝統
洋色   285色              ・カタカナ表記慣用
ビビッド 300色
パステル 300色
カウンター
最新コメント
[05/08 SeeK]
[04/14 TAIKENER]
[04/12 maya]
[04/03 maya]
[02/23 SeeK]
お天気情報

fxwill.com
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
brave
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1988/06/03
職業:
ダイガクセイ
趣味:
ゲームとかテレビとか
自己紹介:
ぐだぐだ書いとるブログです

なんか、いろいろ自分のメモ用とかなってることもありますがw

楽しんでみてくれたら幸いです。

気軽に見てください。
最新トラックバック

Copyright © 青い空と銀の風~そして虹~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]